<但馬国ブログ・マガジン>

但馬国、田舎行な一日。
~晴耕雨読を信条とし、働くも遊ぶも、精一杯。奇想天外ブログを少々。
つながって(覗いて)みて下さい。

Photos

その324「しろめてとカワゲラ」

2017.5.22 12:29 -

但馬国、田植えが終わりお疲れさんの慰労会「しろめて」を

やる習慣があります。

この頃、夕刻矢田川にかかる橋の上ではカワゲラの大量発生に

出会うことが出来ます。

カワゲラは日本で400種、兵庫では(ほとんど日本海側)123種以上。

未確認種も多いといわれています。

子供のころから初夏夕刻の空を埋め尽くす光景は圧巻でした。

 

この大群を見るとなんかホッとします。

 

今年は出現が早く、多い。

 

・・・カワゲラ、写ってます・・・?大群だったんだけど・・

 

 

ここにも温暖化の影響が。

 

発信主

その323「滝見停」

2017.5.14 19:53 -

もう夏日。

小代、滝見停さんへ涼みに。

小代区久須部川沿いの瀧見停さん、桟橋にて。

こちらはお店の隣で早春、ザゼンソウが観れます。

お店前を流れる久須部川。この小川、夏でもひんやり冷たい。

 

発信主

 

その332「ジュード&I」

2017.5.1 09:15 -

その331「菜の花や・・」

2017.4.14 17:18 -

昨日、用事で豊岡へ。

丸山川の土手は浜大根が花盛り。

思わず、相棒と採集。

この時期、菜の花と一緒でサッと湯がくと

春の山菜と同じく苦みが少しきいてて美味なり。

つみながら、昼下がりに、一句思い出す。

与謝蕪村の傑作俳句

「菜の花や月は東に日は西に」

ごちそうさまです。

 

発信主

その330「ジビエ・サンド」

2017.3.28 11:07 -

TIMES CAFE 自家製のジビエ(猪)ベーコンを使用した

オープン・サンドイッチ。

但馬国小代、山陰の遅れてやって来る菜の花の

ほろ苦いトッピングが半熟卵とミックスされ

美味さ、炸裂。

 

春が来た瞬間を感じる。

 

 

発信主

・・オスカー・ピーターソンのボサ・ノバ。

  彼の演奏はボサ・ノバをさらに洗練したジャズへと導いた。

  ため息が出るほど美しい。

  何故か早春に聞きたくなる。

 

 

 

その329「谷常」

2017.3.18 16:19 -

春らしくなってきました。

TIMES CAFE 、のり面畑にはフキノトウ。

但馬国の銘菓「鮎のささ焼」の谷常さんが

早春、恒例の杵つきよもぎ餅の店頭販売です。

パテシィエ総出のイベントですね。

 

春はもう、そこまで。

 

発信主

その328「寒梅」

2017.2.25 11:36 -

春はもうそこまで。

寒梅の凛とした姿、素敵です。

寒梅(かんばい)で思い出されるのが

同志社大学館内のカジュアルレストラン(学食ね、

勿論一般の入店もOK)。

「アマーク・ド・パラディ 寒梅館」。

プロデュースは関西の雄 企画集団バルニバービ。

味はともかく、目立ってる。発想がいい。

京都の折には、と思っています。

よろしくね、朔美ちゃん。

 

 

本日 大安吉日。

マッスルズ 小川兄 結婚披露宴の日。

おめでとうね。

お祝いの品・祝電は抜かりないからね。

本当、よかった。

 

発信主

 

3391 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

兵庫県北部香美町、奥但馬(おくたじま)の企画集団「但馬宣伝会議」 主宰、TIMES Wild Thing Café 店主。 地域の魅力と日々を発信します。覗いてみて、つながってみて下さい。

紹介

twitter

ライブカメラ中継してます

facebook

 
 

但馬国の位置(地図)

 

 

編集人

プロフィール

発信主

兵庫県北部にある小さなアンティークショップ「times」主宰。但馬の魅力を発信していく。季節・食・セミナー・しごと・人物等。覗いてみて、つながってみて下さい。

スタッフ風の谷

ジビエ等料理研究。色々発表していくね。

スタッフS

但馬の歴史、魅力ある自然史とものが好きな女子。地域をくまなく歩き、地蔵一つから把握する。

スタッフT

何もない田舎から発信する。郵便ポストも、橋も、信号も、観光地と思える性格。但馬の変人。

「Tanima」ヘッドオフィス

667-1311
兵庫県美方郡香美町村岡区村岡442
TEL/FAX 0796-80-1521